口腔外科

歯の痛みだけでなく、お口のトラブル全般に対応

伊丹市(宝塚市からも通いやすい)の歯医者、荒牧あおやま歯科医院はお子さんの歯の破折の修復や、発音や舌の機能に支障がある舌小帯の手術、大人の親知らず抜歯、顎関節症の治療などの他、お口のトラブル全般に対応しています。滅菌器、水循環システムを導入し、衛生管理対策は万全なので、患者さんに安心の治療をご提供できます。

子どもの口腔外科

子どもの口腔外科

お子さんの歯が欠けたり、お口の中をケガしたりしたときも対応できます。ケガ以外でも舌や唇の形に違和感がある、上手に発音できないなど、お子さんの成長の過程で気になることについてもご相談に応じ、治療も可能です。

歯の破折

歯の破折

歯の破折は部位で大きく分けると、見えている歯の部分の歯冠破折と、歯の根っこ部分の歯根破折の2つです。原因には外傷の他に、虫歯、神経を取り除く治療、治療の土台になる硬い金属、歯ぎしり・食いしばりなどがあります。

歯根破折は歯ぐきの腫れ、痛みがあり、しみたり、差し歯や被せ物が何度も取れたりします。歯冠破折は人工的な詰め物をし、歯根破折は口腔内で装着させるか、一度抜歯してから修復し、再度戻す再植などにより治療が可能です。

舌小帯(ぜつしょうたい)

舌小帯(ぜつしょうたい)

舌小帯は舌の裏側にある下顎と舌を繋げている一本のヒダです。舌小帯が短いと舌の動きに影響を与え、舌を前に突き出したときにハート型のくびれができます。発音障害、哺乳や咀嚼障害、噛み合わせの不具合、口腔内の自浄作用の低下の原因となります。

また、舌の位置が変わり、下の前歯を外に押し出し、隙間を作る原因にもなります。切除(伸展)術が必要ですが、当院では手術前に発音や舌の機能訓練を行い、改善が不十分な場合に手術を行っています。

一歳健診をうけることをおすすめしています

舌小帯やお口の異常を早く発見するために、一歳健診の受診をおすすめします。健診で大体のことは発見できるので、お子さまのお口に異常を感じた場合は、必ず受診してください。一歳健診は義務ではないので、自治体によっては実施していないことがあり、自治体ごとに費用や申し込み方法が異なるので、まずはお住まいの自治体にご確認ください。

成人の口腔外科

普段、意識していない生活習慣や姿勢、噛み合わせの不具合など、身近な要因が積み重なることで、食事や会話など生活面で支障が出てくることがあります。お口のことでお悩みがある方は、お気軽に当院にご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは20歳前後に生えてくる第3大臼歯です。現代人の顎は細く、親知らずが生えるスペースがないので、前方に傾いたり、横向きで埋まった状態だったりします。噛み合わせで痛みがあり、歯ブラシが届きにくく虫歯や歯周病の原因となり、周囲に嚢胞ができたりするため、抜歯した方が良いです。

当院で親知らずの治療を行いますが、難しい症例の場合は信頼できる提携医院をご紹介します。どのような状態であっても一度は当院にご相談ください。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎関節症(がくかんせつしょう)

「顎が痛い」「顎が疲れる」「口を大きく開けられない」「大きく開けると音がする」などの他、顔面や肩の痛み、頭痛など顎以外に症状が出る場合もあります。放っておくと日常生活に支障をきたすリスクがあります。

顎関節症は噛み合わせやクセ、ストレス、合わない被せ物、歯ぎしり、外傷などのさまざまな要因が絡み合って起こるため、原因を特定することは困難です。当院では原因と症状を照らし合わせ、患者さんお一人お一人に合った治療を行います。

お口のことで気になること、お悩みのことがあれば、どうぞお気軽にご来院ください。来院される際は、下記のバナーからWeb予約をお願いいたします。